スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
Answer
今日も休み&副業デシタ。

実は一昨日から両親が旅行。先程、無事帰ってきた。
アタシが代わりに家事+祖父母&ワンコの世話…その他モロモロ。
でもおばあちゃんは認知症だけど、そんなに手が掛からないから。
ちなみに今日の夕飯はホゴの煮付けとさやいんげんの胡麻和え。

しみじみエライよ…うちの親。
普段は好き勝手させてもらってるから、時々交代。
せめてもの親孝行つもり。

でもって…
今日の副業は“結局、生きてるヒトが一番怖いね”だった。
も~ね~今更なんだけどさっ!はあ…。
気分直しにDVDでも観よう~♪(何かはご想像にお任せ…)
今も観ながら、コレ書いてるし。

副業からヨロヨロ帰ってきたら
以前、相談を受けた方から電話が…。
第一声が“分かりました~っ!”て何が?

その方の相談は土地のコトでの相談だったんだけど
相談者の横に“あの世”の男性の方が…。
直感的に身内の方と分かったので“亡くなった身内の方で…”と風貌を話したら
幼い頃、亡くなったお父さんだった。

急遽、“天国からの手紙”に変更。
お父さんが出てきたのってあの世通訳(アタシ)に会ったからかな?

ひとしきり話された後、最後に相談者が
“お父さん、心残りはない?”と聞かれた。

すると“部下を見殺しにしてしまった事”と…。
実はお父さんは先の大戦の際
軍の上層部にいた為、直接戦地に赴くことはなかった。
(詳細はナイショね)
そして敗戦の色が濃い情勢の中で命令とはいえ、部下を戦地に送らないといけなかった。
そして見送った部下は全員、帰ってこなかった…。

生き残った自分…。死してなお残る後悔…。

“あの時、上の命令に背いていたら部下は死なずに済んだのか?”という問いに
アタシはどう答えればよかったのだろう。

でも、相談者は知らなかった。
戦時中で東京にいたとは聞いていたけど、自分が知ってる父はただの漁師。
ただ頭はすごくよかったと…。

後日、気になった相談者がまだお元気なお母さんに聞くと
生前、お父さんはお母さんにだけ“その後悔”を話していたらしい。
二人してびっくりしたのだと、わざわざ電話をくれた。

相談者の方が“私はどうしてあげたらいいんでしょう?”と言われてたけど
ただお父さんは聞いて欲しかっただけですよ。

電話を置いた後
ふと以前、お会いした“あの世”のヒトのコトを思い出した。

“部下たちの無事を確認しないと死んでも死にきれない…”
死してなお部下たちの安否を気遣う“あの世”のヒトがいた。
でもそこは全員自決の地…。

そのヒトには本当のコトは言えなかった…。

だから…
もう戦争は終わって、かなり月日は経ってます。
だからもうみなさんは天寿を全うして
先に逝って待ってらっしゃるかもしれませんよ?と…。

そう伝えると
彼は一瞬、驚いた顔をしたが、ゆっくりと消えていった。
安らかな顔をしていたのがせめてもの救いだった。

アタシ、嘘は言ってないよね?
そして、ちゃんと向こうで会えたよね?
そう願わずにはいられなかった…。

人生に“もしも…”という選択肢はないというけれど
せめて死してなお残る“後悔”はしたくない。
時々、自分も“もしあの時…”って思うコトあるけど後悔ではない。
自分が選んだ“今”だから…。

そして相談者のおとうさんや
全員自決の地で出会ったヒトみたいな人達ばかりだったら
こんな“悲劇”は起こらなかった?と問うてみるが“答え”はない。
やっぱり“もしも…”はないらしい。

それでは 今宵はこの辺で…。

テーマ:どうしようもなかったのか? - ジャンル:

【2006/08/26 22:29】 | あの世・ひんやり | トラックバック(0) | コメント(4)
<<にやり… | ホーム | “アタシ”を分類してみよう!>>
コメント
こんばんわです☆

悲しい話ですね…。
でも、オイラ思いました。この相談者のお父上は、生きている間“後悔”の念を
抱き続けることで、戦地で死んでいった部下に対しての償いは
充分されているんじゃないかって。

だから、たとえ、嘘でも、もう安心させてあげて良かったんじゃないか
と思います。

戦争って、物理的(?)な死も悲しいですけど、死んだ人達と関わりのある
生きている人達も辛い思いをするものなんだと、改めて思い知らされますね。
【2006/08/27 00:54】 URL | かーくん #fH8NxQQE[ 編集]
こんばんは~♪

実はこの話、打ちながら泣いてました。
正直、ツラかった。
めちゃめちゃ言いたいコトあるけど
今、“平和”が当たり前の時代にしか生きていないアタシがとやかく言う資格はないから…。
(前世は前世だしね)
ただ…自分は一体、何ができるんだろっていつも“問い”だけが空回りしてます。

あ~暗くなってきた~。ゴメンなさい。
いつもコメントありがとうございます♪
【2006/08/28 00:24】 URL | ねこめ #ja082R02[ 編集]
死してなお残る後悔か…

取り戻す事の出来ないもしも…を想い生き続けるんでしょうね

切ないですね
【2008/09/14 22:25】 URL | みいや #-[ 編集]
こんばんは~♪みいやさん。

後悔のない人生はないと思うけど…
せめて、安らかな眠りを…と祈ります。
【2008/09/17 00:50】 URL | ねこめ #ja082R02[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://anoyo.blog57.fc2.com/tb.php/36-8adaa1bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
きょうの幽霊


自分にとっては日常でもほかのヒトにはそうでないコトってありますよね。 多分、私にとってはあの世の方々が見えたり、話したり・・・。 そんなアタシの日常です。

いらっしゃいませ~♪

ねこめの生態

ねこめ

Author:ねこめ
島国に生息中。時々、逃亡。
実はかなり小心者。

本業 ほそぼそ会社員
   (今のトコロ)

副業 “あの世”と“この世”の
   世話焼きババア。
   (無駄な抵抗、止めました)

好物 温泉
   ワンコ&ニャンコ

Blog用twitter
@nekome0726私は時々サイトから消えます

Twitter

最近のあの世事情

読んでみる?

この世とあの世

まったりと更新中

FC2ブログランキング

気に入って頂けたら…

FC2ブログランキング

お願いします♪

肝試し中…

現在の閲覧者数:
無料カウンター

月別アーカイブ

最近のコメント

コメント頂けると、嬉しいです♪

最近のトラックバック

繋がる世界

相互&リンクはご一報、下さいね♪

このブログをリンクに追加する

あの世ポスト

送ってみる?

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯で視る?

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。