スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
幸せの後先
ご無沙汰してます。ねこめです。
す…すいません。

えーと…
色々ありまして…ありまして…
ありすぎて、忘れた。

ただ〝この世〟と〝あの世〟のかかわり方や
それを伝える難しさや怖さを痛感するコトがあって
ウダウダしてました。
(はい、いつものコトです)

でも…
やっぱり〝答え〟なんかなくって
やっぱり〝あの世〟と〝この世〟のおせっかいババアしてる自分が居て
(もう、ババアな年になりました…よっ!)
ま、それはそれでいいのかなと…。

・・・だったら、悩むなって?!

もし、このBlogの更新が滞ってたら
まーた悩んでんなと思って下さい。

さてさて、今宵もお付き合い下さいませ。
コトの始まりは
副業常連さんのセレクトショップのオーナーからの電話。

買い付けに海外へ行ってたオーナー。
おみやげを渡したいから仕事帰りでも店に寄ってとのコト。

わーい♪と寄ってみたら
〝紹介したい(視て欲しい)ヒトがいるの~♪〟って、仕事依頼ですかい。

でもって、紹介されたのはバイヤーのお兄ちゃん。
(以下、別所さん)

えーと…珍しいかも。
だいたいオーナーの紹介ってだいたいマダム系(社長夫人とか…)だったから。

向こうも向こうでお婆さんを想像してたみたいで
〝お孫さんですか?〟と言われる始末…。

・・・すいません、本人です。

とりあえず別室に移動。

始めにお会いした時からずっと気になっていたコトを
別所さんに聞いてみた。

〝ミッキーマウスの帽子被った3歳ぐらいの男の子、知りません?〟

ずっと彼の後ろに居るんだよね、男の子が…。

すると…
〝やっぱり…〟と言ったまま突然、男泣き。

えー?!えー?!えー?!

一人でオロオロしてると
たまたまお茶を持ってきてくれたオーナーが
彼を落ち着かせてくれたけど、マジで焦ったわよ。

〝僕だけが生き残ったんです…〟と、泣き止んだ彼は話はじめた。

アタシが視た男の子は彼の一人息子だった。

以前、神戸に住んでいた別所さんは
阪神淡路大震災で奥さんと息子さんを亡くされてた。
本人はたまたま出張で難を逃れたらしい…。

〝誠(息子)が被っていた帽子、あれはみんなでディズニーランドに行った時に買って…〟
その一週間後に…と彼は言葉を詰まらせた。

〝恨んでんでしょうね、自分だけ助かってって…〟
頭を抱えながら呟く彼。

実は今回の相談内容というのが…

数年前に同じように家族を亡くされた方と再婚されたものの
結婚した途端、今の奥さんが入退院を繰り返し、そして二度の流産…。

今の妻は結婚する前は風邪ひとつ引かない健康体だって本人も笑ってたんですよ。
それが…今も入院してます。

〝やはり僕は…幸せになってはいけないんですよ〟

どうすれば、あの二人に償えますか?と
別所さんは言うけれど、本当にそうなのかな?

もし、そうだとしたら
何故、誠くんはずっと別所さんの後ろで
〝パパ、泣くな、パパは悪くないっ!〟って言い続けてるんでしょうね。
ちなみにアタシは〝パパ、泣かすなっ!〟って睨まれるし。

誠くん、ずっと後ろで〝お父さんは悪くない〟って言い続けてるのにね。
ちっとも気付いてくれないんだよね。

ちなみに、前の奥さんは激怒してますけど…。
勝手にヒトのせいにするなって。
今まで言いたくてたまらなかったのね。

ちなみに、前の奥様ってば
ちいさくてかわいらしいのよ、見た目は。
でもね、中身はめちゃめちゃキツイですけど…。

正直に彼に伝えると〝間違いないですっ!〟って言われちゃった。
ははは…通訳(イタコ)しながら、怖かった…。

でも、前の奥さんが
今回の相談内容の原因と解決策を教えてくれたんだけど。
ちなみに全然、お二人とは関係ない原因デシタ。

散々、言い尽くした奥さんが最後に…

〝あの日、パパが来てくれただけ十分だから
 あと、いつもお墓の前で言ってたけど
 『私は幸せだったわ。ありがとう…』

そう言うと息子さんを抱いて消えていった。

あの震災が起こった直後、別所さんは
出張先から神戸に駆けつけたものの、交通は寸断されてて
彼は何時間もかけて徒歩で住んでいたマンションへ向かったらしい。

結局、待っていたのは全壊したマンションと
息子さんを抱きしめたままの奥さんの変わり果ては姿だった。

その奥さんの言葉に彼は静かに泣いていた。
もしかしたら、彼はやっと自分自身を許せたのかもしれない。

誰も彼を責めてはいなかった。責めているのは彼自身だけ…。
みんな彼の幸せを願っていたのに、幸せになるのを恐れていたのは彼。

〝今〟幸せになるコトは〝昔〟の幸せを裏切るコトになりますか?

別れ際、〝幸せになります〟と彼は笑っていた。

そして、また同じ季節が巡り来て
彼がまたパパになったと風の便りに聞いた。

今も家族みんなで幸せに暮らしてるみたい。

それでは 今宵はこの辺で…。

テーマ:不思議な出来事 - ジャンル:

【2007/10/30 23:18】 | あの世・ひんやり | トラックバック(0) | コメント(3)
<<リセット | ホーム | ロッカーの中>>
コメント
やっと更新しましたか。
更新されるまでの間に、私は転職をして、人生の大きな曲がり角を通過してしまいました。
今までは、会社のPCから、毎日更新を確認していましたが、これからも、自宅のPCで毎日心待ちしております。そんな人もいるのです。
今回のお話も、笑い、そして泣ける、いいはなしでしたよ。
これからも応援しています。
隠れファンより。
【2007/10/31 07:27】 URL | HITOSHI #-[ 編集]
お久しぶりです♪HITOSHIさん。

〝あの世〟と〝この世〟について
あんまり考えすぎて身動き取れなくなったアホです。

いつもコメント、ありがとうございます。
そう言っていただけたら、ブロガー冥加に尽きます。
本当にありがとうございます。

私がウダウダしてる間に
人生の通過点を越えられたみたいですね。
これからも頑張って下さい。陰ながら応援してます。

せめて…週一更新を目指しますんでっ!
これからも よろしくです。
【2007/10/31 20:56】 URL | ねこめ #ja082R02[ 編集]
すんません、過去ストーカーで。
なんか、面白いので過去に徐々に戻りつつ読んでおります。
神戸の地震、私、救援にいったんですよ。地獄でした。
こういうこと(こんなお話のこと)ってあるんでしょうか、、。ご自分のふっきれないせいで?まあ、それもありかも。自分の執着が霊を縛っていることってありますね。でも神戸の傷って深いんですよ。マスコミはさらっと話題にしてくれるけど。あんなことがあったら私も自信ありません。死んでも生きても執着するかも。
【2008/08/24 20:15】 URL | ミニョンの母 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://anoyo.blog57.fc2.com/tb.php/136-aaef3b6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
きょうの幽霊


自分にとっては日常でもほかのヒトにはそうでないコトってありますよね。 多分、私にとってはあの世の方々が見えたり、話したり・・・。 そんなアタシの日常です。

いらっしゃいませ~♪

ねこめの生態

ねこめ

Author:ねこめ
島国に生息中。時々、逃亡。
実はかなり小心者。

本業 ほそぼそ会社員
   (今のトコロ)

副業 “あの世”と“この世”の
   世話焼きババア。
   (無駄な抵抗、止めました)

好物 温泉
   ワンコ&ニャンコ

Blog用twitter
@nekome0726私は時々サイトから消えます

Twitter

最近のあの世事情

読んでみる?

この世とあの世

まったりと更新中

FC2ブログランキング

気に入って頂けたら…

FC2ブログランキング

お願いします♪

肝試し中…

現在の閲覧者数:
無料カウンター

月別アーカイブ

最近のコメント

コメント頂けると、嬉しいです♪

最近のトラックバック

繋がる世界

相互&リンクはご一報、下さいね♪

このブログをリンクに追加する

あの世ポスト

送ってみる?

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯で視る?

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。