スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
開けて… 前編〝Lethe 第三夜〟
明日から可南トコへ遊びに行きます♪
ホントは京都に行く予定だったハズが…ハテ?

でもって…
可南のたっての希望で
レインボーブリッジが一望できるホテルにお泊り。
女二人で…。

何故、可南んトコ泊まらないかというと
一晩中、アタシ掃除しそうだから~。
(以前、掃除しかけて止められた…)

そして、お得な宿泊プランがあったのもあるんだけど
しかし…この料金って閑散期だから?それとも?
それは行ってのお楽しみ?!

さて、今宵は
開けて… 前編〝Lethe 第三夜〟お楽しみ下さい。

二人でちゃんと遠回り(公園回避)して問題のビルへ…。

休日なので、人は居ないハズなのに
何故か人口密度高いわよ。ココ…。

なんでこんなに浮遊さん(幽霊さん)が多いのっ!
隣の隣が救急病院だから?
それにしても多い…。

かなりげんなりしながら、キヨ姉さんの職場へ…。

とあるドアの前を通ると
〝開けて…開けて…〟と声が聞こえてきた。

キヨ姉さんに尋ねるも、そんな声は聞こえないと。
ちなみに声がする部屋はロッカールーム。
そして、休日出勤?!してるのはアタシらだけ…。

でも、中からかすかに声はする。

誰かが閉じ込められててもいけないので
とりあえずドアのノブに手を掛ける。

開いてる?

ゆっくりとドアを開けると…
突然、ずるずるに皮膚が垂れ下がった赤い腕が伸びてきた。

開けて…

ドアの向こうに
全身、焼け爛れたヒトのカタチをした赤い塊が蠢いていた。

それらが口々に…

開けて…開けて…開けて…開けて…開けて…開けて…開けて…開けて…
開けて…開けて…開けて…開けて…開けて…開けて…開けて…開けて…
開けて…開けて…開けて…開けて…開けて…開けて…開けて…開けて…


・・・思わず、ドアを叩きつけていた。

〝大丈夫?〟
キヨ姉さんの声で我に返る。
〝・・・アレ、視た?〟
アタシの問いかけに彼女は首を横に振るだけだった。

改めてドアを開けてもらうが、誰もいない。
そこはどこにでもあるロッカールーム。

でも、なんとなく埃っぽく
ずっと使われてない感があった。

キヨ姉さん曰く…
このロッカールームは
ほとんど使われてないらしい。

何故かと言うと
部屋の中でよく人影や自分以外の気配を感じるので
気持ち悪がって誰も使いたがらないらしい。

ちなみにキヨ姉さん
ここで髪の毛を引っ張られたんだって。

また以前、姿見も置いてあったのだか
あまりにも変なモノが映るとゆうので撤去。

アタシ、呼ばれた?

キヨ姉さんにお願いして
そのロッカールームに一人にさせてもらう。

すぐにそれは現れた…。
目の前の情景に重なるように広がっていった。

古い木造の体育館のような建物の中。
機械が規則的に並んでいる。

工場?

ガシャガシャと機械音が響く…。
一生懸命、機械へ向かっている人々。

モンペ服の上下に防空頭巾。
そして、すべて女のヒト…。
そのなかにはまだあどけなさが残っている少女もいた。

突然、空を裂くようなサイレンの音。
一斉に顔を上げ、みんな扉に向かって走り始めた。
その顔色は青ざめていた。

〝開かないっ!〟
誰かが悲鳴に近い声を上げた。

みんなが扉に駆け寄り、力を合わせて
懸命に扉を開けようとするが、ビクともしない。

そして、飛行機の高い爆音と共に目の前が炎で染まった…。

逃げ場所もなく、火の海の中でのたうつ人々…。

もし地獄があるのならば…
まさにそれは目の前で繰り広げられていた。
それは阿鼻叫喚の地獄絵図…。

ひとり…またひとり…扉の前で力尽きていく。
そこには今までヒトだった赤い炎の塊…。

そして…
そこは普段のロッカールームに戻った。

今、アタシが視たのは過去の惨劇…。
多分、戦時中の出来事だろう。

軽い眩暈がした。
いい加減、こうゆう状況には慣れているつもりだったけど…
キツイわ。

死ぬ間際の彼女らの感情が流れてきて泣きそうになった。

コワイ…イタイ…アツイ…オカアサン…ナゼ…

しばらくその場から動けなかった。

気を取りなおして
とりあえず部屋から出ようとすると
〝何故…開かなかったの?〟
引き止められるように、後ろで声がした…。

・・・続きは次の夜に。
それでは 今宵はこの辺で…。

テーマ:怪談 - ジャンル:

【2007/05/26 23:55】 | あの世・ひんやり | トラックバック(0) | コメント(6)
<<ただいま残業中… | ホーム | 踊るヒト 後編〝Lethe 第二夜〟>>
コメント
おひさしぶりです(^^)
いつも読んで、のまま立ち去る私です。
今回は炎関連でしょうか?
こわい~(汗)ひぃ~(泣)
でも続きが気になる~(笑)
・・・・・・ということで楽しみにしてます。
コワイので明るいうちに読みますが(^-^)b
【2007/05/27 11:27】 URL | にゃんごろ #-[ 編集]
こんにちは~。
どうして開かなかったのでしょう。
逃げないように鍵でもかけられてたとか・・
読んでて辛い気持ちが伝わってきました。
って、こっちも泣きそうだよ~(笑)
【2007/05/27 13:21】 URL | ぽこ #-[ 編集]
こんばんは~&お久しぶりです♪にゃんごろさん。

読んでくれてありがとうございます♪
(感涙…)
何故か…今回は炎がらみデシタね。
まだもう少し続きますので
よろしくお願いします~っ!
【2007/05/29 22:01】 URL | ねこめ #ja082R02[ 編集]
こんばんは~♪ぽこさん。

あのロッカールームはコワイよりせつなかったです…。
よく戦時中の(あの世の)方にお会いするけど
いつも怖さより悲しさが先に立ちますね。

あと二夜で終了予定なんで
(まだ続くか~?!ってクレームきそうだけど…)
よかったらお付き合い下さいませ。
【2007/05/29 22:07】 URL | ねこめ #ja082R02[ 編集]
このビルは周辺も含めて、本当にいろいろありそうですね。細かく視てしまえば、キリがないくらい…。
ほんと、ねこめさんすごいです。
私だったら、あんなモノを視てしまった後、そのロッカールームに1人…なんてなれません。

それにしても、公園と言い、このロッカールームと言い、、 建物などは新しく生まれ変わっても、想いはそのまま残っているんですね。よく不審死があった場所を転売する際には、その形と言うか見た目をすっかり変えた上で、わざと何件もの不動産屋さんをたらいまわしにして、人々の記憶から薄れさせたら良い、と聞きましたが、…全然効果ないようで。

さて、次は何が…?
【2007/05/30 17:17】 URL | no name neko #3un.pJ2M[ 編集]
こんばんは~♪no name nekoさん。

この場所は次から次へとキリなかったですよ。
(げんなり…)
コレ打ちながら…
よく一人で行ったものだと自分でも感心しました。
(オイって?!)
多分、呼ばれてたんでしょうね…。

ヒトの感情が絡む出来事は
ヒトの記憶から消えても
土地や建物に染み付いてるってコト多いですよ。

事故物件って
コトがあったすぐの入居者には
伝える義務があるけど、それ以降はないらしいので
よく私は物件探しに駆り出されます。
結構、隠してるから~?!
実は不動産屋泣かせ?!
【2007/05/30 22:32】 URL | ねこめ #ja082R02[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://anoyo.blog57.fc2.com/tb.php/105-e0325854
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
きょうの幽霊


自分にとっては日常でもほかのヒトにはそうでないコトってありますよね。 多分、私にとってはあの世の方々が見えたり、話したり・・・。 そんなアタシの日常です。

いらっしゃいませ~♪

ねこめの生態

ねこめ

Author:ねこめ
島国に生息中。時々、逃亡。
実はかなり小心者。

本業 ほそぼそ会社員
   (今のトコロ)

副業 “あの世”と“この世”の
   世話焼きババア。
   (無駄な抵抗、止めました)

好物 温泉
   ワンコ&ニャンコ

Blog用twitter
@nekome0726私は時々サイトから消えます

Twitter

最近のあの世事情

読んでみる?

この世とあの世

まったりと更新中

FC2ブログランキング

気に入って頂けたら…

FC2ブログランキング

お願いします♪

肝試し中…

現在の閲覧者数:
無料カウンター

月別アーカイブ

最近のコメント

コメント頂けると、嬉しいです♪

最近のトラックバック

繋がる世界

相互&リンクはご一報、下さいね♪

このブログをリンクに追加する

あの世ポスト

送ってみる?

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯で視る?

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。